言語 Language

言語 Language

News & Topics

2018/7/10

弊社では、以下の展示会に出展を予定しております。ご来場の際には、ぜひ弊社ブースにお立ち寄りくださいませ。

展示会名: HKTDC香港エレクトロニクス・フェア  2018 秋

http://m.hktdc.com/fair/hkelectronicsfairae-en/HKTDC-Hong-Kong-Electronics-Fair-Autumn-Edition.html

日時:2018年10月13日(土) ~ 16日(火)

時間:10月13日~15日 AM9:30 – PM6:30

10月16日 AM9:30 – PM5:00

会場: 香港コンベンション・アンド・エキシビジョンセンター https://www.hkcec.com/

ブース:ホール3F 3F-A09

 

2018/6/22 

ダイヤモンド社発行の「ザ・ファースト・カンパニー2018」に弊社代表取締役高井のインタビュー記事が掲載されました。是非ご覧くださいませ。

https://www.diamond.co.jp/book/9784478105702.html

ジーマックスでは、冷却という機能をキーワードに、家電、医療、光学、通信、食品、産業設備など、様々な分野へ商品をご提供いたします。

商品

ペルチェ素子

ジーマックスは、ペルチェ素子・冷却ユニットのメーカーです。

小型冷蔵庫

ジーマックスではホテル、病院をはじめ幅広い用途でお使い頂ける小型冷蔵庫を製造・販売しております。

セラミック

様々な仕様と形状で利用可能です。また、カスタマイズにも対応しております。

その他完成品

精密な研究機械にも使われている静かで振動が少ないペルチェ式冷却システムを採用。

ワインセラー・ワインクーラー

ジーマックスのワインセラーには、ワインを大事に保存・熟成できる機能があり、様々な用途に合わせた豊富なバリエーションをラインナップしております。

ご挨拶

弊社が、フロンを使用しない環境に配慮したペルチェ技術に注目し、ペルチェ素子に関する事業を始めてから、20 年が経ちました。

現在では、ペルチェ素子のインゴット作りから組み立てまでの全てを中国の自社工場にて行うことで、高品質なモジュールの開発、日本品質の商品の量産に成功しています。

また、新商品開発の支援にも力を入れています。ペルチェ素子の応用は、専門的な知識と経験を要するニッチな商品です。弊社の技術をお客様の商品開発に役立てるべく、営業・技術スタッフが一丸となりサポートし続けていきます。一方、完成品の開発経験を活かし、「冷却」に特化したコンプレッサー商品の輸入と開発を行っています。

現在は、冷蔵庫やワインセラーなどが中心ですが、将来的には弊社のブランド力と技術力で 幅広く商品を展開できるよう計画しています。

今後も、高まりつつあるお客様のニーズにお応えできるよう、より一層、研究・開発に努めて参りますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

代表取締役 高井 淳治

ペルチェ素子への情熱と技術力で、お客様を全面サポート

ペルチェ素子とは

1821年、Thomas Johann Seebeckは、2つの導体から形成された温度勾配が電圧を生成すること(ゼーベック効果)を発見しました。1834年、Jean Charles Athanase Peltierは、2つの異なる導体の接合部分に電圧をかけ電流を流すことによって、ヒーター及びクーラーとして機能出来る事(ペルチェ/ペルティエ効果)を発見しました。効果による熱の吸収、または生成される熱は電流に比例し、比例定数はペルチェ係数として知られています。

これらの熱電効果(Thermoelectric effect)は、温度差を電圧に変換します。熱電素子は、各辺に異なる温度があるときに電圧を生み出し、また電圧が加えられると、温度差が生じます。

熱電効果を活かした応用としては電気を発生させたり、温度を測定したり、物体の温度を変えたりする分野において使用できます。加熱及び冷却の方向は印加電圧の極性によって決定されるので、熱電装置を温度制御装置としても使用することができます。

今日では、ゼーベック効果とペルチェ効果の研究成果により、この技術を活かしたペルチェモジュール(Peltier/Thermoelectric module)及び熱電材料はヒーター、冷却器(TEC)いわゆるサーモエレクトリッククーリングとして様々な熱電冷却分野において使用することができます。

Top